IRO OTO MIDORI

Making Soil - Making Green

[Making Soil] in Okagami 2019 Sep ~ 2020 May

2019年の4月からスタートした、空いた農地を無農薬無施肥栽培で野菜の育つ畑に変える取り組み。


2019年の9月~2020年5月までを、纏めてアーカイブ。

(それまでの様子はこちらから)



[Making a Field]


<2019年9月>

蒔いたタカキビが台風で倒れてしまう…


一部(写真右上)を収穫用に残し、他は緑肥として土へと鋤き込み、微生物の餌に。



その後、木材チップを土へと鋤き込む。



<10月>

耕耘した場所に、麦類の種を蒔く。

もち麦と大麦を筋蒔きし、ライ麦をばら蒔き。

生育後は収穫用に一部を残し、他は土へと鋤き込む予定。



<11月>

残しておいたタカキビが実りました!



蒔いた麦類も無事に発芽!



<2020年2月>

年が明け、2月の様子。

冬の時期は大きな変化はなく、寒さの中を耐え凌ぐ。



<3月>

徐々に暖かくなると同時に、麦達も少しずつ成長し始めました。


写真右側が大麦、もち麦。左側がライ麦。

ライ麦は生育していない箇所がある。



<4月>

一ヶ月半程で、写真の様にライ麦が一気に成長しました。

こうして定点撮影すると分かりやすいですね~


それぞれ、すくすくと育ってます!



<5月>

9月と同様、一部(写真奥)は刈り取られ再び土へ。


収穫時期に向かうにつれ、もち麦が鮮やかな紫色になりました。


畑の一部を耕耘し、いよいよ野菜を植え始めます!


開墾から一年、果たして野菜は育つのでしょうか?


ご興味のある方は、実際に岡上まで足を運びに来てみてください(^^)

IRO OTO MIDORIは、

「持続的・有機的・健康的」な“ココロ”を耕す。をコンセプトに、

生産者様のこだわりや愛情を、生産者様と密に関わる事で受け継ぎ、伝えながら作物や製品を販売しています。


-販売Schedule-


-SNS-

0コメント

  • 1000 / 1000