IRO OTO MIDORI

Making Soil - Making Green

[Making Soil] in Okagami 2019 July

7月の岡上での畑の様子を振り返ります。



<Farm>
キュウリとトマトの実が生り始めました。

どちらも、3月に踏み込み温床で種から育てた苗を5月に定植。

7月は梅雨明けまで日照りが悪い上、毎日のように雨が降り続けたので野菜の生育が心配でしたが、キュウリとトマトは元気に育ちました。

ただ、岡上はこの期間ナスの生育がどこも悪かったようです。


トウモロコシの畝間に大豆を植えてみたところ、どちらもいい感じに育ってます。

花が咲き、実が生り始めましたが収穫するにはまだ早い段階でした。

他にもゴーヤや唐辛子、ピーマン、オクラなどの夏野菜や、里芋、かぼちゃ、ネギなど夏以降に採れる野菜も育ってきています!



<Making a Field>
ゼロから畑を開墾する作業は、暗渠を作りチップを撒き耕耘した後に、タカキビ(ソルゴー)を植えました。
ポツポツと発芽しているのが、写真から分かります。
こちらは食用ではなく、緑肥(成長したら刈り取り土に鋤き込み、微生物の餌にする)として使用します。

タカキビは、痩せた土でも育ちやすい上に背が高く伸び、多量に土に鋤き込むことが出来るので、緑肥にするには最適な植物だそうです。

このように、着々と野菜の育つ土へと開墾が進んでいっています!

果たして野菜が育つのは何時になるのか?
楽しみです!

IRO OTO MIDORIは、

「持続的・有機的・健康的」な“ココロ”を耕す。をコンセプトに、

生産者様のこだわりや愛情を、生産者様と密に関わる事で受け継ぎ、伝えながら作物や製品を販売しています。


-販売Schedule-


-SNS-

0コメント

  • 1000 / 1000