IRO OTO MIDORI

Making Soil - Making Green

[Making Soil] in Okagami 2019 May

5月の岡上での畑の様子を写真で振り返ります。


まずは、行商で販売している「岡上の野草茶」の製造工程を紹介します。
私達の販売している野草茶は、岡上にある多様な植物が育つさとやまや、こちらのブログでも記事にしている三澤さんの畑などの、農薬の散布されていない場所に生える野草を使用しています。



<Dry Wild Herbs>

野草茶のベースとなる、スギナを乾燥させます。
乾燥させる前に水洗いし、晴れた日の日中に圃場の土手で干します。



一日しっかりと乾燥させた後、圃場の釜で焚き火焙煎。
芳ばしい香りがほのかに立ち始めたら火から外し、余熱で満遍なく混ぜ合わせる。



スギナの他に、ドクダミ、ヨモギ、ミントを乾燥させます。
写真は吊して干していますが、現在は乾燥のさせ方を色々と試作中。

ドクダミは色味の良いものを選び細く切り、ヨモギは新芽や若葉を使用。
ミントはほんの少し、香り付け程度にブレンド。


野草茶は摘み取りから乾燥、ブレンド、パッケージまでの工程を、全て手作業で作成。


続いて、5月の畑の様子を少し。

<Seeds>
ネギとほうれん草の種を採ってみた。


<Making a Field>
一から畑を開墾する作業も進行中で、竹を土に埋めて暗渠を作る作業を終え、炭素循環農法のカギとなるチップを散らす作業へと移りました。

今後も引き続き、作業の様子を公開してきます…!

IRO OTO MIDORIは、

「持続的・有機的・健康的」な“ココロ”を耕す。をコンセプトに、

生産者様のこだわりや愛情を、生産者様と密に関わる事で受け継ぎ、伝えながら作物や製品を販売しています。


-販売Schedule-


-SNS-

0コメント

  • 1000 / 1000