IRO OTO MIDORI

Making Soil - Making Green

[Making Soil] in Okagami 2019 April <1>

岡上で様々な個性ある“色”を持った人達が繋がりあい、4月から空いた農地を開墾する作業が始まりました。

この農地は、野菜ではなく植木用の木が植栽されていた場所で、植わっていた木は全て回収され、現在は何も植物が植えられていない状態になっています。

土質は、農薬は散布されていないが水捌けは悪く、野菜と共生する微生物が一切いない状態。

ここを、無農薬無施肥の炭素循環農法で畑へと変えていきます!!


<Making a Field>


広さは一反(1,000㎡)強くらい。

先ずは水捌けを良くするために、ユンボで溝を掘り地下に水路を作る(暗渠)。


溝の中に竹を敷き詰めていき、水の通り道を作る。

子ども達が楽しそうに、敷き詰めた竹を踏み踏み。
敷き詰め完了!

このようにして、等間隔に溝を掘り暗渠を作るところから開墾作業がスタート。

この日集まった家族連れのパパさん達に、三澤さんがユンボの操縦法を教える。
子ども達も一緒に。微笑ましい光景でした(^^)

果たしてここから無農薬無施肥で野菜の育つ土が出来上がるのか!?楽しみです!


3月に踏み込み温床に撒いた種が、幾つか芽を出し始めました。

果たして夏に実が生るのか、こちらも楽しみです!!

IRO OTO MIDORIは、

「持続的・有機的・健康的」な“ココロ”を耕す。をコンセプトに、

生産者様のこだわりや愛情を、生産者様と密に関わる事で受け継ぎ、伝えながら作物や製品を販売しています。


-販売Schedule-


-SNS-

0コメント

  • 1000 / 1000