IRO OTO MIDORI

Making Soil - Making Green

理的おすすめレシピ①


にんじーん!!


あ、こんにちわ。テツです。

先にも書いた通り、
不肖ワタクシ、以前より現在もなお『料理』が好き。
作る事も学ぶ事も食べる事も好きなんです。
そういった意味で自身の『色』は『料理』

毎日の様に料理をしながら料理について考えてまして。
そんな中でふと…

『料理が上手ってどういう意味だろ?』

なんて哲学的な事も考えたりするんですね。

一般的にはきっと、

『美味しい料理を色々作れる事』

って定義されてるんじゃないかなーと。

でも、でもですよ?
このご時世、便利な器具も調味料も揃ってるし
いくらでも手に入る様になってるんだから…
美味しい料理を色々作る事は大概の方が出来るんですよ。

じゃあ俺の考える『料理の上手い・上手くない』って何か?
それは3つの条件(理)によって決まるのかなと持論してます。

その条件とは??

①食材の特徴を理解した中で無駄なく効率的に使用出来る

②料理する環境やハード・ソフト面に様々な適応が出来る

③自身の中で『美味しさ』に対し、ブレない基準がある


好みに左右されるもので決まるんじゃなく、
どんなモノ、どんな状況でも無駄なく自分の形をブレずに表現出来るかどうかがキモなんだと。
んで〇〇映えする見た目じゃなく、味と栄養価を操れる事。

レシピをたくさん持ってるとか、刃使いが早いとか、
そういうのは微々たるエッセンスでしか無いと思ってます。
 

…と、ここまでお話して思ってる方もいるかな?

『どアタマのにんじんは何よ!?』

って。

えーっと、
長々と前置きかましといてこっからが本題です(笑)

今回は3つの理の内の①に沿ったレシピの紹介!

とは言っても主役はにんじん本体ではありません。
だっていくらでも使えるでしょ?美味しいし。

でも…葉っぱって捨てがちじゃないですか?

俺もしょっちゅう岡上でたんじゅんにんじんを使わせて頂くんですけど、ほとんど畑に還してました。
筋っぽいし固いし苦いし飲み込めないし…
炒めてもあまり質感は変わらないんですよ。彼。
とっても芯のある一本気なコ。それもまた『色』

畑があれば土に還せば良いけど、
人の身体にとってすごくありがたい栄養価なんですよね。

【100g当たりの栄養価】
ビタミンC 22mg(人参の約3倍)
ビタミンK 160㎍(人参の約10倍)
B-カロテン 1300㎍(人参の1/5)
カリウム 510mg(人参の1.5倍)
カルシウム 92mg(人参の約3倍)
食物繊維量   2.7g(人参とほぼ同等)

こりゃ食べるに越した事は無いでしょ!

ってなコトでにんじんの葉っぱ活用法をお届けします♪


はい。まずは日陰で新聞紙を拡げて干します。
一昼夜、風通しの良い場所で干せばパリパリに。

あとは葉っぱと茎に分けて…
すり鉢やミルサーでゴリゴリすれば【ドライリーフ】完成!

茎は干したら旨味が凝縮するので、他の端野菜や玉ねぎの茶皮などと一緒にブーケにして水から煮出せばブイヨンベースになります。

…うん。我ながら雑!(笑)
まだまだ書き慣れてないから許して下さい。
その代わりドライリーフの使い方もこっそり載せますから!

【ドライリーフ活用レシピ】
①ペペロンチーノ作るときにニンニク炒めて
唐辛子を入れるタイミングで一緒に入れると風味◎!
②魚介をオリーブオイルと塩コショウで軽く炒めて
白ワインとドライリーフ入れて蒸し焼きの臭み取りに◎!
③乾燥じゃこ、乾燥ワカメ・白ごまと混ぜてふりかけ
④塩・ローズマリー・ドライセロリ(にんじんと同じやり方で作れます)・白&黑コショウと混ぜてハーブソルト
→そのままバスソルトにもなりますよ♪

などなど。
意外と使い勝手良いんです。
だって、にんじん味のパセリですもん(無敵)
しっかり乾かせば密閉容器で1ヶ月〜2ヶ月保つので安心!

簡単でしょ?
作ってみたくなってくれたら嬉しいなぁ。

あ、でも作るなら可能な限り使う食材の質は選びましょ。
特に主役については無農薬のヤツを使いたいですね。
ん?となるとにんじんは時期的にズレてる…?
…ま、まぁ良しとしましょ。ねっ?ねっ?(強迫)

あー、早く岡上でたんじゅん畑やりたいっ!!

ことさらそんな想いが強まった記事になりました。
※岡上については当サイトtopの【岡上】を参照※

さていかがでしたか?
今回は料理についての持論3理と
そこにまつわるレシピについて記してみました。
次回からもこんな感じで気ままに書き殴っていきますので
気が向いたらまたお目通し下さいね♪

最後までお読み頂いてありがとうございました!



IRO OTO MIDORIでは
無農薬の国産(主に岡上産)たんじゅん野菜を
直接取引の行商スタイルにて販売しています。
(画像は行商の一例です)

また、
ラオス産の無農薬手仕込茶葉、無農薬コーヒー豆などを
同スタイルにて販売予定しております。

買いたい!売り場を提案したい!etc...
そんな素敵なご縁が繋げられたら幸いです♪

詳しくは当web、
もしくはFacebookページにて気軽にお問い合わせ下さい!

IRO OTO MIDORIは、

「持続的・有機的・健康的」な“ココロ”を耕す。をコンセプトに、

生産者様のこだわりや愛情を、生産者様と密に関わる事で受け継ぎ、伝えながら作物や製品を販売しています。


-販売Schedule-


-SNS-

0コメント

  • 1000 / 1000