IRO OTO MIDORI

Making Soil - Making Green

[Story1] 岡上散歩

新宿駅から小田急線で30~40分程乗車した所にある「鶴川駅」。


ここを降りて南に進み、鶴見川を渡ると見えるのが、緑豊かな農ある町「岡上」地区。


ひとたびこの区域に身を委ねると、車の音も殆どせず、「鳥の鳴き声」と「木々が風で揺らぐ音」がダイレクトに聞こえてくる。


散歩をすれば、田んぼや畑、竹林などが辺りに広がり、「土臭さ」と「澄んだ空気」が味わえ、緑地やお寺、神社もある。


今回は、都心に通える距離でありながら緑豊かな、ここ「岡上」を散歩して撮影した写真を掲載します。



…が、その前に、「岡上」は少し変わった場所なので軽く説明をしておきます。


住所は「神奈川県川崎市麻生区岡上」。

麻生区内でありながら東京都町田市と横浜市青葉区に囲まれた「飛び地」であります。




この地図の赤で塗られた麻生区域で、孤島のように離れている場所が「岡上」です。


このようになった経緯に関してはこの記事がわかりやすいです。


この地区の村々が合併される際に、周りの村との関係性を重視して川崎市に入ることを当時の岡上住民の方々が選んだそうです。


こうした歴史も、岡上の魅力の一つ。



…岡上の説明はこの辺にしておきまして、早速写真で紹介していきます。


写真を撮るのは対して得意ではないうえに、撮影した日時もバラバラで統一感ありませんが、少しでも街の雰囲気が伝われば良いなと思います!




小田急線の鶴川駅を出て南へ進み、「鶴見川」に架かる小さな橋を渡る。




川はこんな感じ。深さは浅く流れは穏やかです。


この川を区切りに(厳密にはそうでない場所もありますが)、東京都町田市から神奈川県川崎市麻生区「岡上」へと住所が変わる。


川崎市の「農業振興地域」に大部分が指定されているのでガラッと景色が変わります。


ここからは、「緑豊かで農ある景色」を何枚か。




こんな感じ。景色や空気感は山を登ってる時と似てる。


24時間営業しているコンビニは無く、飲食店も殆どありません。この便利過ぎない所が個人的には好きだったりします笑。




おかがみ散歩コースがあったり、お惣菜や野菜の直売所、ブルーベリー農園、納豆屋、酒屋なんかもあります。歩いてると飽きずに楽しめますね~。



奥に進むと緑地もあります!

中には小さなステージもあり、実はここで何か催せないかとひっそり企んでおります。


他にも神社やお寺もあるみたいですがまだ行ってません…そのうち散歩して見つけてみようと思ってます。


この写真達で少しでも「岡上」の良さが伝われば嬉しいです…!

IRO OTO MIDORIは、

「持続的・有機的・健康的」な“ココロ”を耕す。をコンセプトに、

生産者様のこだわりや愛情を、生産者様と密に関わる事で受け継ぎ、伝えながら作物や製品を販売しています。


-販売Schedule-


-SNS-

0コメント

  • 1000 / 1000